FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーモア、そしてアイロニー

移動中のバスの中で、読み終えました。
太宰治著 『斜陽』 

実は、もっとドロドロした内容なのかと勝手に想像していて
読んでいて、ただ淡々と流れる話に「およ?」と疑問が湧いていました。

でも、読み進めていくうちに急展開というか、後半はすごく速さがあったんです。
主人公かず子が上原に手紙を数通書き終えたあたりかな?

愛ってむずかしいなって、こんな単純な言葉で言い表すのも失礼なほどなんですけど。

崩れていくんですよね、直治もかず子も。
お母様が塞き止めていたんだと思うんですよ、秩序を。
それがなくなってから、彼らは自由になるどころか、どんどん狂い始める。
斜陽という題のように、明るさの中の暗さ、さらには暗さの中にも明るさが見える作品です。

ただ、私には一度読んだだけでは理解は十分ではなく、再読の必要がありそうでした。
読み終わった後、すぐに1ページ目に戻りたいと思った作品はこれが初めてじゃないかな。
読み込むほどに、考えが深まりそうな作品であるように思います。
昭和20年代に書かれたとは思えないほど、古さを感じない作品であることも
しっかりと伝えないといけませんね。


時間を少しあけて再読しようと思います。



斜陽 (新潮文庫)
斜陽 (新潮文庫)
posted with amazlet at 15.11.02
太宰 治
新潮社
売り上げランキング: 13,516

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
夢をかなえるための名言



presented by 地球の名言

プロフィール

Ecia

Author:Ecia


気付けばアラサー女子。大人になればなるほど好奇心も強くなり、勉強も好きになってきたから不思議。自称ラッキーナンバーである数字の8をこよなく愛しているので、この数字に弱くすぐにホイホイされます。洋服は全身真っ黒な事が殆どです。私服は年々地味になりがちです。ここ数年でロックにはまっています。ライブでは年齢を忘れて叫んだり飛び跳ねたりしています。人間関係は来るものは拒まないがすぐに仕分けし、とにかく追わない主義です。甘え下手なので親切な人に弱い気がします。自分以外はほとんど信用していません。ほぼ聞き手ですが話し手になると本気モードにロックオンします。嫌いな人のいいところは微塵も見えないという特殊な目を持っています。主従関係がわかれば絶対に裏切りません。大事な人はとことん大事にする人間です。

fall_NzsXzEIF7i8fLWaHoInlOw_convert_20100418060908.jpg

me_desktop2eysA1RlTrAxWeGoh4j0-g_convert_20100418054527.jpg

me_イラストwzRcek5WNPyrF5pk6mYggA_convert_20100418054713

  Twitterボタン

 エブリバディーフォローミー




地球の名言
最新記事
Ecia's Flickr !!!
www.flickr.com
ais8's ECIA's LIIIFE photoset ais8's ECIA's LIIIFE photoset
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
Ecia's LIBRARY !!
BLOG PARTS
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。